アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

完全分離型二世帯住宅という選択肢

家族間でも最低限のプライバシーは守るべきという考えが広まるとともに、2世帯住宅を建てる人が増えています。

家庭ごとにプライバシーに関する考え方が異なり、その考え方によって「完全分離型」の住宅を建てるか、それとも「部分共有型」か、あるいは「同居型(完全共有型」かに分かれます。

今日は、3つのタイプのうち「完全分離型」に焦点を当て、メリット・デメリットを詳しく解説したいと思います。

完全分離型の2世帯住宅は、それぞれの世帯が住む空間を完全に切り離した住宅のことです。

玄関からはじまり、リビングやキッチン、バス、トイレなどあらゆる生活スペースが完全に分離しています。

完全2世帯住宅にもいくつかタイプがあり、建物が2つあり完全に別棟になっているタイプ、2棟が横並びになって、内部のドアでつながっているタイプ、上階と下階で居住空間が分かれているタイプに分かれます。

どのタイプにするかは、土地の広さや予算にもよりますが、世帯間でプライバシーを完全に守り、お互いに干渉しないという家庭にとって理想的な住まいといえます。

完全分離型2世帯住宅のメリット

いくら家族とはいえ、世代も育った環境が違えば、価値観や生活習慣に違いが出るものです。

キッチンやリビングなど、共有スペースのある2世帯住宅には、世帯間でのプライバシーが守りにくいとうデメリットがありました。

子世帯と親世帯で生活習慣に大きな違いが出ることは珍しくありません。

例えば帰宅時間や食事時間、就寝時間などです。

サラリーマンでは残業などの関係で帰宅時間が不安定なのは当たり前、共働きだとなおさらです。

いくら親世帯に習慣を合わせようとしても限度があり、必ず世帯間で摩擦が生まれます。

嫁姑問題などは、世帯間の摩擦から生まれるトラブルの代表格です。

完全2世帯住宅なら、従来の2世帯住宅が抱えていたデメリットを一気に解消することができます。

これが、完全分離型の2世帯住宅が持つ最大のメリットです。

予算に余裕があり、親子や嫁姑間で何らかのトラブルが起こる可能性が少しでもあるなら、思い切って完全分離型2世帯住宅も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

完全分離型2世帯住宅のデメリット

『費用が高い』

これが、完全分離型2世帯住宅が持つ、唯一にして最大のデメリットです。

2世帯住宅といっても、玄関をはじめ、すべての居住スペースを別々に作るため、住宅を2党建てるのとほぼ同じことになります。

その分、費用が高くなるのは仕方のないことです。一般的に、普通の住宅を建てるより1.5~1.8倍の費用が必要になります。間取りや設計によっては、倍近くになることも珍しくありません。

経済的な理由から2世帯住宅を建てるのであれば、完全2世帯住宅を選ぶことで得られるメリットは少ないでしょう。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山市を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。

富山で注文住宅を建てるならアクアホームへ