アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

平屋住宅を建てるメリット

1.家の中の移動が楽ちん♪

平屋住宅のいいところは?」と聞かれてパッと思いつくのが、階段がないから住宅内の移動が楽ちんという点です。

2階住宅であれば、上階の部屋にいくときは当然階段を経由する必要があります。

住宅内の間取りによっては、この移動が面倒くさいと感じる場面が多くなります。

例えば、洗濯機は1階にあるのに、洗濯物を干せる場所が2階のベランダしかなければ、洗濯で濡れた重たい衣服を持って2階に移動しなければなりません。

洗濯をするのは主に女性の方だと思いますが、濡れた洗濯物を抱えての移動は女性にとってかなりの重労働です。

また、1階に生活スペースがあり、物置が2階にある間取りも階段の使用頻度が高くなります。

生活に必要なものを頻繁に2階に取りに行くことになり、その度に階段を上り下りしなければいけません。

「運動になるから」と思えればいいのですが、この移動が面倒に感じる人にとって、その住宅はとても暮らしにくいものになってしまいます。

また、家を建てたときは若いから良くても、加齢とともに足腰が弱まっていくと、2階建て住宅に住み続けるのは大変に感じるようになります。

大抵の場合は、生活に必要なものを全て1階に揃えて2階にいかなくても良い生活パターンになってしまい、2階の全ての空間がデッドスペースになってしまうのです。

平屋住宅であれば最初から階段がないので、将来的に住宅内に巨大なデッドスペースが生まれる心配はなくなります。

2.耐震性が高い

2階建て住宅に比べ、平屋住宅のほうが耐震性は高くなります。

地震がおきたとき、2階建て住宅だと2階部分の重さが1階に加わるため、倒壊する危険性が高まります。

それに対し、平屋住宅であれば加わるとしても屋根の重さくらいなので、2階部分の重さで1階部分が倒壊するというリスクがないため、倒壊の可能性は低くなります。

また、平屋住宅の建築面積は2階建て住宅に比べて広くなる傾向があります。

基礎工事をする面積の幅も広くなりますから、住宅と地面の接地面のつくりがしっかりしていることも、高い耐震性につながります。

3.間取り・設計の自由度が高い

平屋住宅を建てるのであれば、ある程度広さに余裕のある敷地を持っていると思います。

敷地面積に余裕があると法規制が緩くなる傾向があり、設計段階での自由度が高まってイメージ通りの住まいを建てやすくなります。

また、2階建ては各階の壁の量やバランスを考えながら間取りを考える必要がありますが、2階部分がなくなると、2階建て住宅では設けれないような大きな窓を設置できるなど、住宅に対する要望を叶えやすくなります。

窓やドアの周辺に大きく庇を出せるので、雨が降っても濡れる場所が少なくなり、雨水による住宅の痛みを軽減できます。

注意したいのは、平屋住宅を建てるときは間取りプランから考え始めないこと。まずは周辺環境をしっかり確認し、家の向きなどからプランを考えていきましょう。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。