アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅を建てるときの費用や相場はいくら?

注文住宅を建てるとき、できれば費用を安く、相場より安く建てたいと誰もが思うでしょう。

費用を抑えて相場より安く注文住宅を建てるには、全体予算を知り、どんな費用がかかり、どんな要素が建築費に影響するか把握する必要があります。

地域によって土地や建物にかかる費用の相場は違いますし、敷地面積や住宅構造によって建物本体にかかる費用も異なります。

それぞれの要素をきちんと見極め、費用を抑えた家づくりを実現してください。

予算の決め方、資金計画の立て方

全体の予算を決めるには、まず頭金をいくら用意できるかを考えましょう。

一般的に、頭金は住宅購入費の20%以上、最低でも10%は用意する必要があるといわれます。そこで、現在の貯蓄額から引越し費用、仮住まい費用を抜いて、頭金にいくら使えるか計算してみてください。

頭金を1,000万円用意できれば、最高4,000万までの家を建てられる計算になります。ただし、年収やローン完済までのことを考えると、4,000万円に家を建てることが正解とはいい切れません。

家を建てる年齢や年収から住宅ローンの返済計画をしっかり検討したうえで、全体の予算を決める必要があります。

住宅ローンの返済は、一般的には30~35年間で返済していくことになります。住宅ローンで借り入れる金額を決めるポイントは、定年まで完済できるかどうかです。

例えば、35歳の人で定年が65歳なら、返済の最長期間は30年を目安にしたいところです。

また、低金利ローンは利息が少ないことが魅力的ですが、金利変動型や固定期間選択型であるケースが多く、景気の動向で月々の返済額が増えるかもしれないリスクがあります。

月々の返済額を一定にしたいなら、多少金利が高くても全期間固定金利を選択しましょう。

返済期間と金利、年収と相談し、住宅ローンで借り入れたい金額を決めるとよいでしょう。

注文住宅の建築費を抑えるポイント

注文住宅の建築費を抑えるポイントはいくつかあります。ここでよく使われる方法をいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

・仕様・設備のグレードの選択に優先順位をつける
住宅に使われる設備は、グレードによって価格にかなり差があります。予算を抑えたいのであれば、こだわりたい場所以外は設備のグレードを下げることで、費用を抑えることができます。

たとえば、お風呂は既成品のシステムバスを採用する。キッチンにこだわりがなければホームセンターなどで既成品を購入するといった具合です。

・建物の形状はシンプルなものに
建物の形はシンプルであるほど費用がやすくなります。最も安くなるのは正方形の建物です。

建物の形を正方形にすることで費用が抑えられるほかに、安定感の高さから耐震性に優れるというメリットも得られます。

・水回りを集中させる
キッチン・トイレ・洗面台など水回りの設備が分散するほど、配管にかかる費用が高くなります。

配管整備の費用を抑えたいなら、水回り設備をできるだけ集中させて配置しましょう。

・壁を少なくする
部屋数が多いと、そのぶん壁の配置にかかる費用が高くなります。

できるだけ壁が少なくなる間取りにすることで、空間が広くなりますし、光彩や風通しのよさなどメリットが生まれます。

ただし、壁が少なすぎると耐震面で不安が残るため、うまくバランスをとる必要はあります。

相場を把握して間違いのない資金計画を!

注文住宅の相場を把握することで、これから建てる家にかかる費用の目安がつけられます。

それを参考に、的確な資金計画を立てることで、住宅ローンを無理なく返済しながら新居での暮らしを楽しむことができます。

うまく予算を節約すれば、住みたい地域に相場より安く家を建てることも十分に可能です。

今は少子高齢化が深刻化し、将来の年金支給などに不安が感じられる時代です。住宅ローンの支払いは長期に渡るため、できるだけ無理のない返済計画を立てることが重要です。

的確な資金計画を立て、「理想の注文住宅」を手に入れてください。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。

富山で注文住宅を建てるならアクアホームへ