アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

『中庭のある注文住宅』を建てときのメリット

家の中に中庭があることで、プライベート空間を手に入れることができ、採光を確保し、住宅内の風通しが良くなるなど、多くのメリットを得ることができます。

しかし、一方でデメリットも存在するため、メリット・デメリット両方を把握したうえで、慎重にプランニングする必要があります。

今日は、「中庭のある注文住宅」を建てるときに知っておきたいメリット・デメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

注文住宅で中庭を設けるデメリットはこちら

中庭つくることで得られるさまざまなメリット

外部からの視線が気にならない

中庭は周囲を建物の壁に囲まれているため、外部からの視線が気になりません。

自分、あるいは家族の「外部から隔離された完全なプライベート空間」として、パラソルなどを設置してお茶を楽しんだり、子どもやペットと心置きなく過ごせる遊び場として活用したりと、外部からの視線を気にすることなく気軽に過ごせる憩いの場としている家庭が多いようです。

洗濯物干し場など、視線を気にせず多様性のある使い方もできます。特に住宅同士の間隔が狭く、近隣の視線が気になりがちな都市部などでも、カーテンを締め切らないでも良い生活が可能になるのは、大きなメリットではないでしょうか。

自然光を取り入れやすい

住宅同士の間隔が狭くなりがちな住宅地では、家の中に自然光を取り入れるのが難しくなります。

しかし、中庭をつくることで開放された空間から十分に自然光を家の中心に取り入れることができるようになり、通常なら日陰になってしまうような場所まで日差しを取り込むことが可能です。一般的に採光を取りづらい北側の部屋にも自然光を取り込めるのは嬉しいメリットです。

間取りにもよりますが、中庭を設けることで多面的に家の中に自然光を取り入れられるので、住まい全体が明るくなる効果が見込めます。

風通しの良い家に

自然光同様、住宅同士の距離が近い住宅地では、どうしても家の中の風通しが悪くなってしまいます。

建物の中心に中庭を設置することで、住まいの通気性を高め、心地良い風を流し込むことができます。

中庭は太陽光で温められると上昇気流が発生します。このとき周囲の窓や扉を開けておくことで空気が引っ張られ風が流れるため、周囲を壁に囲まれていても、風通しが良くなります。

防犯対策にも有効

意外に思われるかもしれませんが、中庭を設けることで防犯性を高めることができます。

中庭から光彩を取れることで、家の外部に対する窓の数や面積を減らせるので、侵入経路を減らせるというわけです。

これはコートハウスと呼ばれる手法で、コの字型であっても開放された側を壁で塞いでしまうような計画手法を刺します。

ただ、コートハウスを実現するには、割と大きな中庭を確保しないと窮屈に感じる住宅になるので、事前に十分検討することが大切です。

二世帯住宅との相性が良い

二世帯住宅や隣に親世帯が住んでいる場合、中庭があることでそれぞれの世帯の暮らしを適度に分離しつつ、世帯間のつながりを感じられる住宅になります。

それぞれの世帯で何か問題が生じても、声をかけたり駆けつけたりできるので、有事の際の対応にも役に立ちます。

また、中庭を世帯同士の交流の場として設計することで、いつでも気軽に足を運べるなど、世帯間の交流にも一役買ってくれるでしょう。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。