アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

平屋注文住宅を建てるときに考えたいこと

近年の注文住宅は、2~3階建て住宅が主流になっていますが、日本古来の住宅様式としていまだ根強い人気を誇るのが平屋住宅です。

定年を迎えた団塊世代が、老後を夫婦2人でゆっくり過ごす空間として、または子世帯と親世帯が同居する分離型二世帯住宅として30坪程度の平屋住宅を検討する人が増えてきています。

平屋住宅ならではのメリットが見直され、人気が再燃しつつあります。

今日は、30坪の平屋住宅を建てるとき、どんなことから考えるべきか説明していきたいと思います。

30坪くらいの平屋住宅を建てようと考えている方は平屋、ぜひ参考にしてください。

ちょっと待った!いきなり間取りを考えないで【富山で理想の注文住宅を】

周囲にほかの住宅がなく開けているなど、周辺環境に恵まれた土地を手に入れたのであれば、ぜひ自由なプランニングを楽しんでもらいたいところです。

問題は、周囲を建物に囲まれているような土地に平屋住宅を建てる場合です。

このような土地の場合、いきなり間取りを考えるのではなく、まずは周辺環境に目を向ける必要があります。

1.庭との関係を考察しよう

庭付き平屋住宅を建てるなら、建物と庭の関係を重視したいところです。

庭というと、一般的に南側への配置を真っ先に考えますが、必ずしも「南の庭」が正解とは限りません。

もちろん、ベストは南側なのですが、そうした配置にできないことが多いのが現実です。そうした場合は、平屋住宅の特徴をうまく活かした配置を考えてみましょう。

建物本体の高さがない平屋住宅であれば、北側に庭を配置しても陽当たりよい庭は十分つくれます。

平屋住宅で豊かな空間配置を実現したいなら、いきなり間取りを考えるのではなく、まずは習慣環境とのバランスを考えることから始めてください。

南側にこだわりすぎて、自宅と隣家の間に庭をつくった結果、陽当たりが悪く、植栽も元気がない庭を眺めているのが、果たしてあなたがイメージしていた平屋住宅の暮らしでしょうか?

もし北側が道路に面しているなら、アプローチや駐車場を庭と一体化することで、敷地をムダなく活用できます。

条件と工夫によって、豊かな生活環境をつくることはいくらでもできるのです。

2.設計の自由度を活かした屋根と窓づくり

平屋住宅は2階部分がないため、屋根(天井)部分の設計の自由度が高くなります。

さらにいうと、天井の自由度の高さは、そのまま窓の配置の自由度の高さにつながります。

例えば、屋根を段違い形状にして、ハイサイド窓を設けることもできますし、シンプルにトップライトにするという選択肢もあります。

窓の配置を工夫することで、北側であっても十分な自然光を取り入れることができ、明るい平屋住宅をデザインできるのです。

さらに、風通しの良さや断熱効果といった温熱環境制御も考えて工夫することが可能です。

あえてデメリットを挙げるなら、高所にある窓は掃除が大変だということです。

いくら建物本体の高さがないといっても、窓までよじ登って掃除をするのは大変です。

ハイサイド窓やとトップライトを設けるなら、掃除のためのハシゴを用意するか、窓まで歩いていけるキャットウォークの設置を検討してみるとよいでしょう。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。