アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

住まいの暮らしやすさを左右する4つの動線

注文住宅の間取りを考えるとき、生活動線をイメージしながらプランづくりをすることをおすすめします。

生活動線とはリビングやキッチン、トイレなど住宅内を移動するときの動線のことです。

生活動線が複雑になるほど、住まいの暮らしやすさが損なわれるので、なるべくシンプルな設計を意識してください。

暮らしやすい住まいで良く見られる生活動線の設計は、回遊動線と呼ばれる円で移動する動線、直線で移動できる動線です。

今日は、住まいの暮らしやすさに直結する4つの動線、「家事動線」「通勤動線」「衛生動線」「来客動線」の設計について考えていきたいと思います。

家事動線

掃除や洗濯、料理など日常生活で欠かせない家事は、意外と時間と労力がかかるもの。できれば手軽に済ませたいところです。

家事にかかる時間と手間を少なくするには、家事動線の設計がとても大切です。特に家の出入りが発生する洗濯と料理に関する動線づくりは、しっかりと考えておくことをおすすめします。

洗濯では洗った衣服をベランダやバルコニーに干す家庭も多いはずです。料理は調理中に外に出ることはないと思いますが、買い出ししてきた食材をキッチンにしまう、またキッチンで出たゴミを外に出すこともあるでしょう。

家の出入り、洗濯、料理の3つの要素をリンクさせて考えると、家事効率が良くなる動線設計が可能になります。

たとえば、買い出しで調達した食材をすぐキッチンにしまえるよう勝手口を設ける。勝手口の横にはパントリーとキッチンを配置し、その奥にランドリールームを設けます。

このような配置にすれば、洗濯物が終わったらキッチンとパントリーを抜けて、勝手口からバルコニーに出られるので家事効率を高めることができます。

通勤動線

会社や通学、保育園への子どもを送り届けるなど、朝の時間はなにかと忙しい人が多いと思います。

通勤動線の設計がしっかりされていないと、家族それぞれが朝の準備をする際、家の中で通勤渋滞が起こってしまいます。

朝の通勤渋滞を解消する1番簡単な方法が、通路の幅を広くとりお互いがすれ違えるようにすることです。また、同じ時間帯に数人で洗面所を使うこともあるため、洗面台と鏡を横に広くして、複数人で同時に使えるようにすることも有効です。

ドライヤーなどを使いやすくするために、洗面台の両脇にコンセントを設けることもおすすめします。

そのほかにも、朝ごはんの支度などもあるため、キッチン、洗面所、リビングの3ヵ所を自由に動き回れる回遊動線を設計することも朝の通勤渋滞を解消する大切なポイントです。

衛生動線

基本的に水まわりは1ヶ所に固めたほうが何かと都合が良いのですが、その際によく悩むのがトイレの配置です。

キッチンの隣では衛生面で抵抗がありますし、リビング・ダイニングに配置すると食事中や来客中の音が気になって落ち着かないでしょう。

昔の間取りで良く見られたのが、洗面台とトイレが一緒になっているパターンですが、これではそれぞれの場所を使う人が鉢合わせたとき、少し気まずい思いをしてしまいます。

おすすめは廊下への配置ですが、スペースを節約するため廊下がない家もあるかと思います。そんなときは玄関脇への配置するパターンが多くなりますが、来客中の使用は気が引けるかもしれませんので、家族と良く話し合ってみんなが納得する配置場所を見つけてください。

来客動線

来客があった場合、玄関から上がってリビングや客間に通すことになります。来客動線を考えるときのポイントは、玄関からリビングへ移動するまでの間に、プライベートな空間が見えないようにすることです。

洗面所やお風呂を移動中に見られるは恥ずかしいですし、急な来客で洗濯物を慌てて片付けるといったことにもなりかねません。

キッチンがアイランドキッチンの場合は、リビングからでもキッチン内がある程度見えるので、いつも片付けておきたいところです。

アイランドキッチンを採用する際におすすめなのが、リビングから見えないようにしてキッチンの隣にパントリーを設けるプランです。

パントリーがあれば、キッチンの見せたくないものはすべてパントリーにしまうことができます。

来客動線と生活動線が重ならないようにすれば、来客中にも気兼ねなく洗面所やトイレを使うことができるので、この2つの動線設計は特に良く考えて設計してください。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。