アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅でオススメの間取り・設備TOP5

注文住宅は、すでに間取りが決まっている建売住宅と違い、どんな間取りにし、どんな設備を採用するか施主自身が考える必要があります。

特に、注文住宅の間取りは入居後の暮らしを具体的にイメージしたうえで決めないと、住みにくい住宅が出来上がってしまいます。

しかし、初めての家づくりでは、間取りを決めるときにさまざまな悩みや迷いが生じるものです。

そこで、今日は富山で人気のある注文住宅の間取り・設備をご紹介しますので、ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

1.対面式キッチン

キッチンでの調理は、多くの主婦の方にとって最も時間のかかる家事で、当然キッチンを使用する時間も長くなります。キッチンの使い勝手は主婦の方にとって重要なポイントでしょう。

最近注目が集まっているのが、対面キッチンを採用し、リビング・ダイニング・キッチンを1つの空間にまとめる間取り(LDK)です。

対面キッチンなら、料理をしながらリビングの様子を見られるので、小さいお子さんがいる家庭では家事をしながら子供の様子を確認できるメリットが得られます。

これまで一般的だった独立型のキッチンはリビングに背を向けて料理するため、リビングの様子を見ることが難しいですが、対面キッチンであればこの問題を解決することができます。

また、料理をしながら家族との会話を楽しむこともできるので、コミュニーケーションを取りながら楽しんで料理をしたい人にもオススメです。

2.パントリー

食料品などをストックするための空間をパントリーと呼びます。最近、このパントリーをキッチン内に設ける間取りが人気を集めています。

常温で保存できる食料品をストックし、必要なものだけ冷蔵庫に入れられるため、キッチン内の収納能力を大幅に高めることができます。

臭いの出ない大きなゴミが出たときの一時保管場所として利用する家庭も多く、キッチン内をスッキリさせておきたい方に人気があります。

キッチン内の収納量が少ないと、どうしてもゴチャゴチャした印象になりますが、パントリーを採用することで問題を一気に解決することができます。

二世帯住宅でキッチンを共有する場合でも、パントリーを活用することで大量の食料品を整理整頓できるため、買い出しの際も収納を考慮するストレスがなくなります。

3.リビングとつながった和室

最近人気が出ているのが、リビングと隣接した半独立型の和室です。

設けられた引き戸を閉めることで独立した和室として使え、開けることでリビングの空間を広げられるため、空間を臨機応変に使い分けることができます。

完全に独立した和室と違い、引き戸を開閉することで間取りを簡単に変えられるため、非常に使い勝手がいいことが「リビングとつながる和室」の大きな魅力となっているようです。

4.ウォークインクローゼット

住宅内を整理整頓し、スッキリとした空間に保つには、住宅の持つ収納能力が大きなポイントになります。

特に困ることが多いのが衣服類の収納ですが、ウォークインクローゼットを採用することで整理整頓がとても楽になります。

通常のクローゼットと違い、クローゼット内で着替えることができるため、衣服がリビングなど目に入るスペースに散乱することもありませんし、各部屋に収納家具を置く必要がないため空間を広く使えるメリットも生まれます。

一般的には寝室や子供部屋などに1つずつ設置することが多いですが、家族共有のファミリークローゼットを採用するケースも増えています。

階段下など、本来デッドスペースになる場所に配置することで、住宅内の空間を効率的に使うことができ、洗濯場の近くに設置することで畳んだ衣服をすぐに収納できるため、家事の効率を高めることもできます。

5.ウォークインシューズクローク

家族を構成する人数が多いと、人数に比例して履物が多くなり、玄関に設置した収納にすべて入れられないことがあります。

沢山の靴が玄関に出しっぱなしになると、それだけで家全体が雑然と見えてしまうものです。

ウォークインのシューズクロークがあると、沢山の靴を収納できるだけでなく、傘や自転車、ベビーカーなどの収納スペースも同時に確保できます。子供が外で遊ぶときの遊具置き場にしてもいいですね。

常に玄関をスッキリさせておけば、急な来客があっても慌てずに住み、整理整頓が行き届いた家であることを印象付けることもできます。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。