アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

富山の気象にマッチした注文住宅の断熱工法は?

季節ごとの気温差が大きく湿度が高い日本の気候は、四季折々の日本の風景を生み出していますが、人にとっては決して過ごしやすい気候とはいえません。

住宅の役割の1つとして、気温にバラつきがある外気に対して、住宅内の気温をなるべく一定に保つというものがあります。

つまり、季節や時間ごとに大きくバラつく外気温の影響をなるべく遮断し、快適な室内空間を保つ役目を住宅が担っているわけです。

住宅がこの役割を全うするためには、住宅が持つ断熱・気密性能が重要になります。「高断念、高気圧」という要素が、快適な注文住宅づくりの必須条件になったのはかなり前のことです。

断熱性能は、気密性能とセットで高めなければ効果は得られません。たとえ性能の高い断熱材を使用しても、住宅の隙間を埋め気密性を高めないと、熱が急激に移動して外気の影響を受けやすくなります。

反対に、気密性能をどれだけ高めても、断熱材を効果的に配置していないと十分な断熱性能は得られません。

どんな断熱工法があるの?

住宅の断熱性能を高めるには、内断熱工法か外断熱工法いずれかの方法が使われます。

内断熱工法と外断熱工法の違いは、断熱・気密性能を住宅のどこで高めるかです。

例えば木造住宅で内断熱工法を採用した場合、柱と柱間に断熱材を充填します。対して外断熱工法では、柱の外側に断熱材・気密シートを貼ることで断熱性能を高めています。

施工する内容や業者の技術によって得られる断熱性能に差が出るため、どちらの工法が正しいかは一概にはいえません。

住宅の断熱性能は、選択する工法だけでなく、換気・通気の方法や使用する資材を含めて総合的に評価されるものです。ただ、しっかりした技術を持つ職人が施工するのであれば、外断熱のほうが得られる断熱性能は高い傾向があります。

注意したいのは、一般的に内断熱工法に比べ手間がかかるため工期が長く、金額が高くなりやすいというデメリットがあるという点です。

さらに、外断熱工法は施工技術が伴わないと、期待どおりの断熱性能が得られないことが多くなります。ですので、外断熱工法を選択する際には、より慎重に施工会社を選定する必要があります。

結局のところ、どの方法を選択するにしても、まずは信頼できる施工会社を見つけることが1番大切だということです。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。