アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅にかかる費用あれこれ

注文住宅を建てるとき、最初のプランでは予算をオーバーすることがほとんどです。費用を予算内に収めるためにも、どこかの予算を削る必要がでてくるでしょう。

コストカットしやすい部分として、まずは設備機器が候補に挙がります。

「このシステムキッチンは絶対に使いたい!」など譲れないこだわりがあれば仕方ありませんが、キッチン、バス、トレなどの設備は、グレードを多少落としたところで機能的に劣ることはありません。

さらに、天井や壁、床などの仕上げ材もグレードを下げやすい部分です。価格が安くてもデザイン性に優れた仕上げ材も多いので、一度チェックしてみてください。

逆にグレードを下げてはいけないのが、柱や梁など耐震性に影響する構造部分です。屋根や壁、窓などの断熱性に関わる部分も、住まいの暮らしやすさに影響が出るためコストカットはNGです。

間取りや建築面積は、いろいろ削っても予算がオーバーしたときの最終手段と考えておきましょう。せっかく家を建てても、「敷地面積を削ったから狭くて暮らしにくい!」では悲しいですよね。

コストカットは、住みやすさに影響がない部分で考えることが大前提であると心得ておきましょう。

的確な資金計画を【富山で理想の注文住宅を】

注文住宅の予算決めは、的確な資金計画を立てることから始まります。

まず、注文住宅を建てるために必要な費用の内訳をしっかり把握してください。

住宅の建築にかかる費用は、主に3つに分けられます。

●建物の本体価格・・・予算の約70%

●付帯工事費・・・予算の15~20%

●諸経費・・・予算の5~10%

資金計画を建てるときは、住宅ローンを無理なく払い続けられるかを基準に考えればよいでしょう。

自己資金をいくら用意できるか、世帯年収はいくらか、住宅ローンはいくら借りられるかを総合的に考え、予算を決定しましょう。

理想ばかりを優先すると、資金計画がうまく立てられません。住宅ローンの借入額が多くなれば、それだけ生活が圧迫されるため、妥協すべきところは妥協することも必要です。

また、頭金が多いほど住宅ローンの返済が楽になることを覚えておきましょう。自己資金から引越し費用や仮住まい費用を差し引いて、頭金をいくら用意できるか計算してから住宅ローンの借入可能額を計算しましょう。

住宅ローンは民間ローンの種類が豊富なので、その中から1番自分に合ったプランを選択しましょう。

費用の内訳、どうなってるの?【富山で理想の注文住宅を】

注文住宅にかかる費用の内訳は、大きく「土地購入費」「本体工事費」「付帯工事費」「諸経費」の4つに分かれます。

●土地購入費
購入する土地によって購入費は変わりますが、通常は契約時に10%、引渡し時に残りの90%を支払うことになります。

●本体工事費
本体工事には仮設工事や土木工事など、さまざまな工事が含まれます。工事の種類が多いほど関わる職人や資材の量が増えるため、本体工事費は住宅購入費の大部分を占めます。

●付帯工事費
建物だけあっても生活することは当然できません。

生活するためにはキッチン・バス・トイレなどの設備が必要ですし、当然それらを使うための水道や電気が必要です。

これらを住宅には配置するための工事を付帯工事で、工事にかかる費用が付帯工事費になります。

●諸経費
住宅や土地などの不動産を購入したさいに発生する手数料などが諸経費です。

登記免許税や手続きをした司法書士への報酬、印紙税がこれにあたります。また、住宅ローンを組むときにかかる事務手数料やローン保証料も諸経費に含まれます。

ほかの費用に比べ、諸経費の占める割合は小さいものですが、金額にすると決して安くないので、あらかじめ予算に組み込んでおきましょう。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。