アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

パントリーのある注文住宅

整理され、使い勝手の良いキッチンにするためには、収納スペースの確保がとても大切です。

広々とした収納スペースを確保したいなら、パントリーをキッチンに設置する方法がおすすめです。

ただ、何も考えずに設置してしまうと使い勝手が悪くなってしまうことも。

ここで、より快適なキッチンにするために、パントリーの間取りとキッチンとの関係について考えたいと思います。

「あまり奥行きを取らない」が基本

パントリーを設置するときは、あまり奥行きを取りすぎないよう注意してください。

パントリーに収納するものの大部分は、食器や調理器具などの細かいキッチン用品なので、あまり奥行きがあると取り出しにくくなってしまいます。

食品や調味料などを収納する場合は、賞味期限にも気をつけたいところです。パントリーに収納したことを忘れてしまうと、賞味期限が過ぎて使えなくなることも考えられます。

間取りの関係などでパントリーに奥行きを持たせるときは、可動式の棚にしたりウォークインタイプにしたり、使い勝手を良くするための工夫が必要です。

また、パントリーを作るときには、床面積ではなく壁面積を広く取ることがポイントです。

壁面積を広く取り、棚を設けることで収納したものを見渡せるようにできます。どこに何を収納したかをパッと見て把握できることが、使いやすいパントリーの条件です。

棚は市販のもので後付けする

作り付けのパントリーは、棚の数が限られ収納スペースがある程度決まってしまうというデメリットがあります。

パントリーが広すぎた場合、余分な空間がデッドスペースになりますし、反対に狭すぎると使い勝手が悪くなります。

作り付けの場合は後から棚数を増やす、あるいは減らすことができないため、収納するものに合わせて後から棚数や間取りを変えたいのなら、パントリースペースだけ作り、市販の棚を利用することも1つの方法です。

市販の棚をパントリーで利用する場合、キッチン内にパントリー用のスペースだけを設け、そこに棚を置くことになります。

棚数を調整できるタイプにしておけば、棚内のスペースが許す限り収納スペースを確保することができます。

棚を選ぶとき、キッチンの色やテイストに合った棚を選ぶことで、キッチン全体のレイアウトがまとまり、すっきりした印象にすることもできます。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山市を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。

富山で注文住宅を建てるならアクアホームへ