アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅の地震対策。「耐震」「免震」「制震」の違い

注文住宅を建てるにあたり、あなたはどんなポイントを重要視しますか?

オシャレな外観にしたくて外壁や屋根の素材や色を重要視する人もいれば、家族との団らんを重要視してリビング・ダイニングの間取りを重要視する人もいます。家族や友人と過ごす場として、屋上庭園やウッドデッキをつくる人も増えています。

住まいに対する希望や要望は人それぞれ。そんな希望や要望を実現できるのが注文住宅の持つ最大の魅力です。

それもあって、注文住宅を建てるときはどうしても外観・間取りに目が行きがちですが、あなたや家族が安心して暮らせる住まいを建てるために、絶対に欠かすことのできない要素があります。

その要素というのは「地震対策」です。

ご存知のとおり、日本は世界屈指の地震大国として知られ、ほぼ毎日どこかで小さな地震が発生していて、日本全国を騒然とさせる大型地震も数年おきに発生しています。

それに加え、南海トラフ大地震や都市直下型地震の発生も近い将来起こると予想されています。

お住まいの地域では大地震発生が予測されていないからと油断は禁物。地震はいつどこで発生するか完全に予測することはできません。

日本で暮らす以上は、住まいの地震対策について真剣に考えることは必須といえます。

そこで、住まいの地震対策について、まずは「免震」「制震」「耐震」の違いを把握しておきましょう。

耐震構造とは

日本で現在建築されている多くの住宅は、この耐震構造になっています。

耐震構造を簡単に説明すると、「建物を頑丈にして、地震に耐えられる強度を確保する構造」のことを指します。

耐震構造になっている建物は、そうでない建物に比べ強度が大きく増しますが、制震構造や免震構造に比べ、地震の揺れによる被害が出やすい構造になります。

耐震構造の建物は、強度を高めて揺れによる変形を抑えることで倒壊を防いでいます。

シンプルかつ効果が高い構造といえますが、揺れによる変形の小ささゆえ、地震の揺れをモロに受けることで、部屋の中が大きく揺れてしまうのです。

ほかの2つの構造でもいえることですが、家具をしっかり固定しておくなどの対策も重要です。

制震構造について

制震構造という言葉は、聞いたことのない人がいるかもしれません。

制震構造は、近年になって免震構造とともに注目されている構造で、建物の揺れを吸収・減衰させる「ダンパー」というものを設置する構造です。

ダンパーは揺れを抑える制振装置のことで、主にゴム製とオイル性の2種類に分けられます。

建物の中に伝わるはずだった揺れを吸収・減衰し、建物の被害を抑える構造です。

高層ビルなど大きな建物ではダンパーを各階に設置することが多いですが、比較的小さな建物になると、最上階のみの設置というパターンもあります。

超高層ビルでは、建物頂部制震技術という技術が使われます。建物頂部制震技術とは、建物の頂部に設置した重りが揺れと逆方向に働きくことで、高い横揺れ防止効果を発揮する技術のことです。

免震構造とは

免震構造は、基礎と建物の間に免震装置を設置し、地震の揺れを建物に伝わりにくくする構造のことです。

地震が起こったときには、この免震装置が変形することで、激しい揺れをゆっくりした揺れに変えて、建物に伝わる揺れを吸収・軽減します。

免震構造がない建物に比べて、地震に対して最大5倍の耐久力を発揮するといわれています。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。

富山で注文住宅を建てるならアクアホームへ