アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅の新しい形「.5世帯住宅」

一昔前までは、祖父母・親・子供の3世帯が同居する家族構成がスタンダードでした。

この家族構成での暮らしがスタンダードでなくなって久しく、二世帯住宅を選択する方が増えていますが、そこに新しい「.5世帯住宅」という選択肢が生まれました。

二世帯住宅と.5世帯住宅は、それぞれの世帯の暮らしを尊重した住宅として注目を集め、注文住宅を建てる際にこれらを選択する人が非常に多くなっています。

.5世帯住宅とは

世帯ごとにそれぞれの暮らしを尊重するために生まれたのが二世帯住宅です。近年は二世帯住宅がスタンダードになりつつありますが、そこに新たに登場したのが「.5世帯住宅」です。

たとえば、両親と成人した未婚の世帯、片親と小世帯などが1.5世帯住宅に当たります。

祖父母と両親、父親の兄弟が一緒に暮らす、また祖父母とその兄弟、そこに小世帯の両親とその子供が暮らす住宅は2.5世帯住宅です。

現在は家族構成にも多種多様な構成が生まれています。それらに対応した住宅として注目されているのが、「.5世帯住宅」なのです。

なぜ「.5世帯住宅」が生まれたのか

高度経済成長時代を経て、日本の核家族化が急激に進みました。

核家族とは、「一組の夫婦と未婚の子」で構成される家族を指します。

さらに、核家族化か進むと同時に、核家族化した世帯から子供が独立し、親世帯だけでくらす世帯が増加しました。

現在は、配偶者に先立たれて単身で暮らす高齢者や、生涯未婚という人が増えたことで、単身で暮らす人も増加しています。

このような背景の中、家族が一つ屋根の下で暮らすことの大切さが見直され始めたことで、多種多様な家族構成に対応した1.5世帯住宅や2.5世帯住宅が登場したのです。

複数の世帯が暮らすための住宅設計

いくら親子や親族といえ、違う世帯が1つ屋根の下で暮らすには、ライフスタイルの違いやプライバシーの問題など、様々な課題をクリアする必要があります。

これまでの二世帯住宅は、「できるだけ分離した間取り」を前提としプランが練られてきました。

しかし、.5世帯を始め多世帯構成が増えてきた現在、単純に間取りを分離させた住宅づくりではなく、一緒に暮らすうえでのメリットを意識したプランを練る必要が出てきています。

たとえば、居室やキッチン、洗面・バス・トイレなどは世帯ごとに分離させながら、それぞれの世帯が一緒に団らんできるよう、リビング・ダイニングは共有スペースとするプランが練られるようになっています。

また、リビングやダイニングだけでなく、キッチンやバスなどの水回りは共有スペースにし、それぞれの世帯の居住スペースのみを分離し、最低限のプライバシーを保護できるような半二世帯住宅のような住宅も見られます。

複数の世帯が暮らす注文住宅づくりに共通するのは、孤独感とプライバシーを別物として考え、そのうえで家族が団らんできるような設計になっているという点です。

.5世帯が注文住宅を建てるときの注意点

.5世帯住宅が登場したのはごく最近のことです。そのため、建屋住宅として.5世帯住宅を販売している住宅メーカーはまだまだ少ないのが現状です。

.5世帯住宅を検討するのであれば、注文住宅か現在の住まいで大規模なリフォームを検討する必要があります。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。