アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

天窓からの雨漏りを発見したときの対処法は!?

天窓からの雨漏りを発見しても、不用意に自分で修理することはおすすめしません。まずは雨漏りしている場所を確認し、業者に対処を依頼するようにしてください。

今日は、天窓から雨漏りが発生したときの対処法をまとめておいてので、これを参考にして正しく対処するようにしてください。

「天窓からの雨漏り発生!」最初にすべきこと

天窓からの雨漏りが発生しても、自分でできることはほとんどありません。天窓は屋根に設置されているため、技術的な知識・経験がない人にとっては修理自体が困難です。

まずは焦らずに「どの部分からどのように」水漏れが発生しているかを確認してください。

天窓本体からなのか、室内側の窓枠からなのか、天井面に染みているのかをしっかり確認しましょう。

吹き抜けの天井に設けている場合は目視では難しいと思います。ズーム機能があるデジカメなどがあれば、それを利用して状況を撮影しておけば、業者が状況を把握しやすくなります。

脚立やハシゴなどを使って手が届く高さなら、天窓がしっかり閉まっているかも確認してください。

設置から時間が経っている場合、部品の老朽化や窓枠の歪みが原因で、きっちり閉まっていないこともあります。

また、電動ならリモコンの電池が残っているかも確認してみましょう。

上でも述べましたが、雨漏りの修理を自分でするのはおすすめしません。

雨漏りは屋外側から水が侵入するので、基本的には外から対処しないと解決できません。屋根に登って作業することになるので、落下事故の可能性などを考えると、絶対に避けるべきです。

さらに、雨漏り修理を素人がすると、解決するよりむしろ悪化することがほとんどなので、必ず業者に修理を依頼しましょう。

業者に修理を依頼するときの料金と注意点

業者へ修理を依頼する場合、1番良いのは住宅を建築した業者に問い合わせることです。

最近の住宅なら、保証の対象となる可能性もあるので、まずは建築会社に対処可能か聞いてみましょう。

何階に設置しているか、内側から手が届くかどうか、屋根の勾配やどこらへんに設置されているかで足場の要不用や人員が変わってくるため、料金が変わってきます。

屋根の勾配が緩やかな場合、天窓周辺の屋根面が広くて、屋内から手が届きやすい位置にあるなら、足場をつくらなくても対応可能な場合があります。

こうした条件であれば、窓自体の修繕は4~5万円程度になると思います。

窓まわりのパッキンやシールなどの劣化で雨漏りが発生した場合、作業量から考えても上の料金内で収まることが多くなるでしょう。

基本的には、実際の状況を確認して対処方法が決まります。修理に必要な部品の調達が必要なら、改めて修理日を設定します。その場合、初日は点検として5,000円~1万円程度の費用が発生することが多いです。

自宅との距離や状況によって点検費用はまちまちなので、事前に確認するとよいでしょう。

後日の対処となった場合、状況によって金額は大きく変動するので、一概に「いくらかかる」と断言するのは難しくなります。

窓の部品交換程度なら、4~5万円くらいで済むこともありますが、屋根の一部を外して屋根防水との絡みを修理する場合には、それなりの金額になるでしょう。

雨漏りによって内装に被害が出たのであれば、それに対する修理・修繕費もプラスで必要になります。

屋根勾配が急な場合は足場を組んで安全性を確保する必要があるので、その費用も発生します。

組む足場の範囲や高さでも異なりますが、最大で10万円程度が目安となるでしょう。

料金に関しては、実際の状況を見てみないと分からない部分も多いので、雨漏りを発見したら、まずは信頼できる業者か建築会社に相談することをおすすめします。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。