アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅で『片付けられる家』を建てる!

家の中が片付いていると、それだけで居心地が良くスッキリした気分になります。

また、何か必要な物を探すときも手間が省けるので、「あれ、どこにいったんだろう?」ということが無くなり、捜し物のストレスがかかりません。また、失せ物を改めて買い直すというムダな出費も抑えることができます。

しかし、「片付けても、すぐに散らかってしまう」「収納スペースが足りず物がしまえない」「どこの何を収納すればスペースを有効活用できるか分からない」と、上手な片付け方が分からず悩んでおられる方も多いと思います。

片付けベタな人が上手に片付けをするには、まず「片付けやすい家」を建てることが必要です。

そこで、今日は注文住宅で「片付けやすい家」を建てるポイントをご紹介します。

「動線は短く」が基本!

収納で1番大切なのが「動線」です。

動線をできるだけ短く設定することで、ムダな動きを省き、片付けやすく暮らしやすい住宅をつくることができます。

動線を短くするためには、住人それぞれの行動パターンを考慮しながら、どこに何をしまうのかを決める必要があります。

例えば、リビングで着替えをする人で、床やソファに服が山積みになっている人はいないでしょうか?

この場合、服を着替えるリビングに洋服用の収納スペースをつくることで、楽に洋服を片付けることができます。

また、食材を保管するパントリーは玄関とキッチンに設けるのがおすすめです。そうすれば、大量の食材を買ったときでも、玄関からキッチンに向かう間に食材をスムーズにしまうことができます。

さらに、パントリーとキッチンを隣り合わせに配置することで、調理の際の移動を最小限に抑えることが可能です。

家族の行動パターンに応じて、適材適所の収納を心がけることが、片付けやすい家づくりで最も大切なポイントとなります。

家族の暮らしから収納を考える

片付けやすい家づくりでは、家族の暮らし方に応じて、収納に柔軟性を持たせることが大切です。

例えば洗面所ですが、脱衣場を兼ねている場合、脱いだ服をすぐに洗うためにカゴや洗濯機を設けている家庭も少なくありません。入浴時や洗面時に使用するタオルを洗面所に収納している家庭も多く見られます。

しかし、洗面所に下着や寝間着を置いている家庭は少ないのではないでしょうか?お風呂上がりに着るパジャマや下着を洗面所に収納しておけば、部屋から洗面所までいちいちパジャマを持っていく手間を減らすことができます。

また、洗面所のすぐ近くに洗濯物干し場を設けることで、洗濯機した物を持って移動する手間や負担を減らせます。

さらに、洗面所に収納スペースを設ければ、取り込んだ洗い物をすぐに収納できるようになります。

家事の時短にもつながるテクニックなので、ぜひ取り入れてほしいと思います。

さらに、収納スペースを変化させることも「家族の暮らしから収納を考える」ときの大切なポイントです。特に子ども部屋の収納は、家の中で最も収納スペースを変化させる必要がある場所になります。

子どもは成長に合わせて短いスパンでライフスタイルが変化します。幼いうちであれば、あまり収納に困ることはありませんが、成長とともに衣服や思い出の品など、収納するものが多くなります。

そんなときも、伸縮タイプのラックや棚板の移動・追加が可能なクローゼットであれば、ライフスタイルに合わせて収納スペースを変えられます。

小さいお子さんがいる。あるいはこれから子どもを作る予定のある人は、成長に合わせて変化させられる家具を揃えることで、収納スペースを確保することができます。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。