アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

ベランダやバルコニーのメンテナンス方法

いつまでもキレイな住まいに」と思って、家の中に気を配る人は多いと思いますが、外側を見逃してしまっていないでしょうか?

日本は湿気が高いうえ、梅雨には雨が何日も降り続くことが珍しくありません。

当然、その間建物の外側は雨風にさらされているので、破損や腐食による劣化の進み方は内部の比ではありません。

バルコニーやベランダがある家であればなおさらです。

そこで、今日はベランダやバルコニーの寿命を伸ばすためのメンテナンス方法を紹介したいと思います。

防水層のメンテナンス

バルコニーやベランダなど、建物の外側は、雨をなるべく早く流れるようにしてあげる必要があります。

一般的な屋根、ベランダ、バルコニーにはFRPという繊維強化プラスチックに耐水性、耐食性、耐候性に優れた塗料を塗り、防水層をつくることで雨水を防いでいます。

防水層は伸縮や地震、経年劣化、下地が動くなどして避けてしまうことがあります。

また、FRP防水は火気に弱いため、火を近づけると劣化が進んでしまいます。

重たいものや尖ったもので防水層が避けてしまうこともあるため、置かないようにしてください。

どうしても置かなければいけないなら、設置面にクッションなどを置くと、防水層が傷つく危険性が減ります。

防水層が万が一傷ついてしまうと、そこから雨水などが浸食して、建物内部の素材を傷め、最悪の場合は防水層を伝って雨水が建物内部に入り込み、雨漏りが起きたり、建物の躯体にダメージを与えてしまったりということになります。

こうなると、家の寿命は確実に縮まるだけでなく、放置しておくと修理にかかる費用も膨れ上がるので、防水層の異常に気が付いたときは、必ず専門家に処置を依頼してください。

防水層の破損だけでなく、排水面でも注意が必要です。

バルコニーやベランダに設けられている排水口がゴミなどで詰まると、雨水がたまり、溢れた水が室内に侵入することもあるので、定期的に排水口をチェックしましょう。

最近の住宅は、バルコニーやベランダと部屋の間の段差がないことも多いので、特に注意が必要です。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。

富山で注文住宅を建てるならアクアホームへ