アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

ビックリするくらい寿命が伸びる!壁紙メンテナンス【ビニールクロス編】

壁紙の寿命って何年くらいか知っていますか?

もしかしたら、みなさんが思っているよりずっと短いかもしれませんよ。

例えば、今もっとも一般的といえるビニールクロスですが、寿命は10年~15年くらいです。

ちょっとビックリしませんでしたか?もしかしたら、家を建ててからずっとそのまま使っているという人も多いのでは。

このビニールクロス、一般的には5~6年くらいで汚れや黄ばみが目立ちはじめ、素材も収縮しはじめる時期です。

理想をいえば、このタイミングで貼りかえるのがベストなのですが、すべての壁紙を貼りかえるとなると、かなりの費用と時間がかかります。

せっかくお気に入りの壁紙を選んだのなら、できるだけ長く使いたいですよね。

そこで今日は、ビニールクロスを長持ちさせるためのメンテナンス方法を紹介したいと思います! まずは特徴を把握して

ビニールクロスはポリ塩化ビニールを主原料とした壁紙で、種類が豊富なことが特徴です。

カタログを見てみると、さまざまな色や柄、テクスチャーの商品が数多く紹介されていますよね。

機能的にも進化していて、消臭や抗菌、汚れ防止機能を持ったものまであり、施工が簡単で量産もしやすいため、比較的価格が安いものが多いのも特徴の1つです。

そのため日本で建てられる重役の大半は、壁紙にこのビニールクロスが使われているようです。

ここからは今日の本題、ビニールクロスのメンテナンス方法を紹介していきます!

ビニールクロスのメンテナンス方法

家具を移動したり、壁にかかったカレンダーを外したりしたとき、後ろと周りの壁紙の色が違っていてビックリした経験はありませんか?

毎日見ていると気が付きにくいのですが、壁紙は普通に生活しているだけでかなり汚れてしまうものです。

少しでもキレイな状態に保つには、日ごろから汚れない定期的にメンテナンスしてあげることが大切。

普段の掃除+αでお手軽にできるメンテナンス方法を紹介するので、試してみてください。

1.ホコリをとる

まずは壁紙の表面についたホコリやチリを掃除機で丁寧に吸い取ります。 掃除機で吸いきれない汚れは、粘着性の弱いビニールテープなどで軽く叩いてあげると、キレイに取ることができます。

2.壁紙用の洗剤で磨く

ビニールクロス用の洗剤は重曹と石鹸でつくります。

つくり方は、1リットルくらいのぬるま湯に重曹と石鹸を適量溶かすだけ。

重曹は油汚れや泥、ホコリを効果的に落とす効果があります。

重曹がない場合は、アルカリ性の洗剤を水で薄めて使うのもOKです。

磨くのに使うのはアクリルたわしかアクリル毛糸を丸めたものです。

洗剤をつけてから、まずは目立たない場所で壁紙が変色しないかテストしてみてください。

磨くときは、つなぎ目に水分が残らないか注意しましょう。

3.乾かす

ビニール全体を磨いたあとは、換気をよくして十分に乾かしたらメンテナンス完了です。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。

富山で注文住宅を建てるならアクアホームへ