アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅の断熱性能を表す「UA値」

季節ごとに気候が大きく変わる日本において、注文住宅を建てる際には暑さ・寒さ対策が必要になります。

せっかく注文住宅を建てるのなら、「夏は涼しく冬は暖かい。1年を通して快適に過ごせる家」を目指しましょう。

そのために必要なのが、「住宅に高い断熱性を持たせる」ことです。

近年、注文住宅を建てる際に「住宅性能」が重視されるようになりました。住宅性能の中でも「断熱性能」は住まいの快適さに直結する重要な要素です。

今日は、住まいの断熱性能を数値で表す「UA値」について詳しく解説したと思います。

UA値ってなに?

UA値は、住まい全体の断熱性を数値化したもので、国が定めた住宅・建築物の省エネ基準でも出てくる数値です。

壁を伝って家の中の熱量がどれだけ外に逃げるかを表す「外皮平均熱貫流率」を指しています。

住宅の気温差が1℃のとき逃げていく熱量を壁や窓、屋根、床など外部に触れるところの全体の面積で割ったものが「UA値」で、この数値が低いほど「断熱性が優れた住宅」と言えます。

断熱性を高める6つのメリット

1.光熱費の節約

断熱性を高めることで「夏は涼しく、冬は温かい住宅」を建てることができます。

快適さに過ごせるだけでなく、冷暖房の稼働率が少なくなり光熱費を節約できます。

2.CO2を削減したエコな暮らし

住まいのエネルギー消費量を抑えることは、そのままCO2排出量の軽減につながります。

地球温暖化防止など環境保全に貢献すると同時に、エコな暮らしが実現できるのは嬉しいメリットです。

3.夏は涼しく、冬は温かい暮らし

断熱性の高い住宅は、室内の空気が外に逃げにくいため、夏は少しの冷房で室内の気温を下げることができます。

一方、冬は壁や床の表面温度が下がらないため、同じ室温でも断熱性が低い家に比べ体感温度が高く感じます。

4.室内の上下の温度差が少ない

断熱性が低い住宅は、足元と天井付近の温度差が大きく、いくら冷暖房をしても快適に感じられないことがあります。

また、冷暖房のエネルギー効率が悪いため、光熱費がかさみがちになります。

しかし、断熱性の高い住宅であれば、足元と天井付近の温度差がほとんどなく、冷暖房効率も良いため快適に過ごせるだけでなく、光熱費削減にもつながります。

5.結露の防止

断熱性の低い住宅では、室内の暖かい空気が外から入り込む冷たい空気に冷やされ、結露の原因となることがあります。

結露はカビやダニの発生源となるだけでなく、構造体の劣化にもつながり、住宅の寿命を縮める原因となります。

断熱性を高めて結露の発生を防止することが、そのまま住宅の寿命を延ばすことにつながります。

6.ヒートショックの発生を軽減

断熱性能が低いと、部屋間の気温差が大きくなり、ヒートショックを引き起こす可能性が高くなります。

断熱性を高めることで、部屋間の気温差を少なくすることが可能になります。結果、ヒートショックを引き起こす可能性を軽減することができるのです。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山市を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。

富山で注文住宅を建てるならアクアホームへ