アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

注文住宅の間取りづくり

注文住宅最大の魅力は設計の自由度が高いことです。しかし、細部までこだわりすぎた結果、住み始めていから不便に感じる方も多いようです。

今日は、注文住宅の間取りづくりで配慮すべきポイントをご紹介したいと思います。

失敗しやすいポイントを中心に、間取りを決めていく手順やライフステージ別の工夫を解説するので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

間取りづくりで良くある失敗と注意点

注文住宅を建てるとき、間取りで1番失敗しやすいのが「家事動線の設計」です。

キッチンと洗濯機、または浴室と洗濯機、干す場所が離れていると、家事動線がムダにあるため、家事効率が大きく下がってしまいます。

また、玄関近くにトイレを配置すると、来客時にトイレを使いにくくなります。寝室の横に浴室を配置するのもおすすめしません。深夜に帰宅する家族がいると、お風呂を使用した際の音で睡眠が妨げられます。

快適な住環境を手に入れるためにも、水回りの配置には注意が必要です。

収納面でも注意が必要です。部屋数にこだわるあまり、収納スペースが足りなくなるのは良く見られる失敗の1つです。

ただ、収納はスペースだけ確保すれば良いというものではありません。例えば、奥行きが深すぎる収納はデッドスペースが出来やすくなります。

収納スペースづくりでは、あらかじめ収納するものを想定して配置することが大切なポイントです。

住宅の使いやすさを考えたとき、見落とされがちなのがコンセントの設置場所です。

コンセントは家電を使う場所にないと不便なので、家電の設置箇所を想定してコンセントを設けることが大切です。設置数は、延床の坪数と合わせるのが一般的です。

また、通風の悪い住宅はカビや発生しやすくなります。対面に窓を設置して風を通すのが理想ですが、全室に対面窓を設置するのは現実的に難しいので、1室に窓を2面設けるなどの工夫が必要です。

間取りづくりは希望条件の整理からスタート

注文住宅の間取りづくりで重要なのは、あなたや家族のライフスタイルや要望をもとに希望条件を整理することです。

例えば、朝に洗面台を使う時間が家族で被るなら、洗面台をダブルボウルにすることで2人同時に使用することができ、利便性が高まります。

書斎やウォークインクローゼットがほしいなどの要望も書き出していきましょう。

また、家族構成から子ども部屋や寝室、リビングなど必要な部屋数や、部屋ごとの広さも考えておきましょう。

富山で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら、アクアホームにお任せください

アクアホームは、高い技術力と幅広い対応力で、富山を中心にこれまで多くの注文住宅を手掛けてきました。

注文住宅を建てたいけど、なかなかいい依頼先が見つからないとお悩みなら、ぜひ一度アクアホームにご相談ください。