アクアホーム株式会社
〒930-0002
富山市新富町2丁目5-17 SSビル2階
TEL : 076-413-6060
FAX : 076-413-6065

NATURE
自然素材

富山で建てる注文住宅

木が持つそれぞれの性質

住まいに使われる木材の多くは針葉樹ですがクリやケヤキなどの広葉樹もあります。
家は木材がその力を出し合うことで支えられます。木がもつそれぞれの性質をご紹介します。

住まいに使われる木材の多くは針葉樹ですがクリやケヤキなどの広葉樹もあります。
家は木材がその力を出し合うことで支えられます。木がもつそれぞれの性質をご紹介します。

木にはぬくもりがあり、厚みのある木材は手で触れたとき、温かさを感じます。これは木が生きた素材だからです。新建材は、最初は美しいものですが、時間が たつにつれ、次第に色あせていきます。木材は時間がたつにつれその味わいを深め、美しさに磨きがかかります。現在、日本の山には、戦後の拡大造林の結果、 伐採期を迎えた木が豊富に育ちました。外国からの輸人材に頼らなくても、国産の良材が出番を待っています。住まい手の意識も高まって、本物の木か注目され るようになり、山と木の関係を踏まえた、国産材による家づくりが始まっています。

樹芯を通る方向、つまり年輪に対して直角な放射方向に挽くと、樹芯の両サイドに「柾目板」が取れます。真っ直ぐに並ぶ縦縞模様の木目が特徴で、「糸柾」 「本柾」とも呼ばれます。これに対して、等高線のような筍模様の木目が現れるのが、「板目板」。年輪に接する接線方向に挽くと板目になります。木口面で見 ると、樹芯と柾目板の外側に縦縞の幅が広い「追柾目板」、さらに外側に板目板が並びます。板目板は乾燥によって木表側に反りやすく、木表と木裏の差がない 柾目板は反りにくいとされますが、一般には木目の表情を好みで使い分けています。

板には表と裏があり、樹皮に近い側を木表、樹芯に近い側を木裏といいます。輪切りにした年輪を見ると、見分けやすいでしょう。樹皮に近い側ほど乾燥が早 く、製材後は木表側が先に縮み、反りが生じます。反り上がった木裏を表にすると棘が刺さりやすくなるため、人の肌に触れる側を木表にするのが常識です。

素材選び(マテリアルバランス)

私達が生きていくうえで不可欠なものとして、「衣食住」のワードが良く使われます。
その中で『アクアホーム株式会社』では、「住」の住まい提案をしてお客様に楽しく、そして快適にお住まいをして頂きたいと願っております。
「住まい」とは安心して生活するにはとても重要で、家という箱の中に住まいするわけで居心地の良い空間に居たいですよね。

常に触ている床だったり壁など安心、安全なもので包まれたいものです。
赤ちゃんなんかは家具や住宅設備とあわせて舐めてしまう事も考えれます。
そういう意味では、空気環境も考えるととても大事な仕事を担っていると思っております。
ゆえ、良い素材は無いかと日々考え探してます。
お客様にとって嬉しい素材など・・・

住宅はいろいろなパーツから出来てます。
構造材では基礎、土台、柱、桁、屋根、カベ、その他、外壁や断熱、金属サッシなどもとても大事。
中でも床材(木材)や壁材(クロスや塗り壁材)、木製建具、家具、住宅設備などは直接体が触れる所なので、VOC(揮発性有機化合物)などにも注意した素材を選びたいものです。
*(VOC=ホルムアルデヒトがとても有名)
『アクアホーム株式会社』では、素材の持つ木肌だったり、強度やカラーの特徴を理解し、住まいの中で注目される位置に配置してみたりで、安全と視覚効果、心の安心感なんかも同時に得られると良いなと思います。

住宅設備環境では省エネ法が改正され今後とも話題になりそうです。
最近はグリーンエネルギーが注目されてます。CO2削減の「チームマイナス6%」ロゴも良く聞かれると思います。
エコキュートや、太陽光発電、風力発電の促進が進んでいますが、その代表格、エアコンのCOPの数値も効率の良い商品開発が進んできてます。

『アクアホーム株式会社』では、200年住宅や省エネ法改正による住まい(家づくり)を視野にいれ、環境を考えた長く愛して頂ける住まい。家づくりを目指します。
お客様の思いを伝えてください。外観、内観や外構含めトータルコーディネートをいたします。

お客様の好きなイメージを聞かせてください。
常に真っ白な図面からスタートします。
プロの目線で、将来の構想も合わせて建物全体のデザインをいたします。
(リフォーム住宅、店舗併用住宅、2世帯住宅も合わせてご提案してます。)
たとえば、外観は超近代金属の箱で、中に入ると柔らかい自然素材盛り沢山って言うのも、外壁は汚れや防水に強い素材で、室内はホット出来る・・・住宅
また、強度の面から見ても「『スチール素材』を使いましょう!!」という考え方もGOOD
冷暖房効率の角度から見て「床暖房、蓄暖房設備」理にかなっている! そんな住宅も面白いですね。